ernst

paco Home>ernst

自主規制の制度設計

自主規制の制度設計──貸金業規制を中心として」を,法政研究(九州大学)74巻4号(2008年)817-840頁に掲載しました。これは2007年10月に開催された第3回日中公法学シンポジウムにおける報告原稿を活字化したものです。基本的には報告原稿のままですが,認可法人(日本貸金業協会)関連の情報をアップデートしています。 

国際自主規制と公法理論

3月10日に東京グリーンパレスで開催された,人文社会科学振興プロジェクト「市場補完・統御の法制度設計に向けた知の再編」研究グループ総括シンポジウム「『市場化』する社会と法──法制度設計への視座」において,「国際自主規制と公法理論」と題する報告(コメント)をさせていただきました。

研究グループによる総括報告が5本行われた後で,同種の事例を念頭に置きながら別の視角(自主規制)からコメントをするという形式で,国際自主規制がもたらす公法理論の改革可能性を展望する内容でした。2006年6月の同研究グループの研究会(「金融市場におけるガバナンスの検討」)に参加させて頂いて以来,ほぼ同世代の研究者で構成されている同グループの研究の幅広さと問題関心のアクチュアリティに注目しておりましたが,今回の総括シンポジウムにおいても多くの知的刺激を得ることができました。

研究グループリーダーの藤谷武史先生(北海道大学)をはじめ,研究グループの諸先生方には大変お世話になりました。ありがとうございました。

研究関連

授業関連

HDG

Links

Weblog

Archives

Category

Blog Post

Comments

Trackbacks