ernst

paco Home>ernst

立法者制御の法理論

立法者制御の法理論──政策決定の「質」向上のための一試論」と題する論説を,新世代法政策学研究(北海道大学)7号(2010年)109-147頁に掲載させて頂きました。これは,2009年9月に北海道大学で開催されたシンポジウム「相対化・グローバル化時代における国家の法律と立法者の位置づけ」の報告原稿に加筆修正を加えたものです。この特集には以下の4論文が掲載されています。

後半の2本の論説は,シンポジウムの際の報告原稿と素材の上では共通ですが,実質的には完全書き換えに近いものになっています。

研究関連

授業関連

HDG

Links

Weblog

Archives

Category

Blog Post

Comments

Trackbacks