ernst

paco Home>ernst

休講・補講のお知らせ

海外出張のため,下記の科目について休講・補講を実施します。

科目名 休講日 補講日 補講教室
法科大学院 公法総合1-3 6月25日(火)5限 6月21日(金)6限 法経十一
法科大学院 環境政策と法 6月25日(火)4限 6月20日(木)6限 10演
公共政策大学院・法科大学院 行政法各論(現代の行政法制) 6月26日(水)1限 6月19日(水)1限 法科第二

行政法のさらなる発展

3月15日・16日に,ドイツ・コンスタンツで,Fortentwicklung des Verwaltungsrechts(行政法のさらなる発展)と題された日独行政法シンポジウム(主宰:コンスタンツ大学法学部,共催:独日法律家協会,科学研究費・基盤研究A「持続可能な公共財としての原子力法システムの可能性」(研究代表者:高木光・京都大学教授))が開催されました(プログラム[ドイツ語]プログラム[日本語])。

【1日目(3月15日)】

初日の午前中は,大橋洋一・学習院大学教授の司会で,手続・組織・訴訟法の視角から,5つの報告がありました。

○Kooperation und Verständigung im Verwaltungsverfahren(須田守・京都大学准教授)
和解(契約)の許容性をめぐる日独のスタンスの違いを提示した上で,事実認定・調査の観点から法律の優位との関係を意識しつつその許容性を検討する意欲的な報告でした。報告後にドイツ人参加者から出された質問・コメントで示された議論の方向性も興味深いものでした。

○Neue Strukturelemente im nationalen und europäischen Verwaltungsverfahrensrecht(Ann-Katrin Kaufhold ミュンヘン大学教授)
「受容」(Akzeptanz)の概念と市民参加手続の関係を,原子力廃棄物の場所選定を手がかりに検討するもので,議論素材としても非常に興味深いものでした。「受容」概念は日本でもこのところ言及されることが多くなっていますが,日本とドイツの概念定義を揃えるべきかはやや難しい問題と感じました。

○Organisation und Legitimation im Europäischen Verwaltungsverbund(Bettina Schöndorf-Haubold ギーセン大学教授)
欧州の行政連携に関する一般理論(さまざまな組織形態の分析)と,データ保護における新たな展開を紹介するものでした。最後に示されていた日本法に関する質問事項は,時間の関係もあってほとんど議論できませんでしたが,ひとつひとつが重たい課題でした。

○Ermessenslehre im Wandel – Problematik der gerichtlichen Kontrolldichte(巽智彦・成蹊大学准教授)
ドイツの裁量論の現状を分析しつつ,日本の裁量論を大胆に合理化しようとする内容で,ドイツ人側からの質問・コメントも非常に多く寄せられていました。

○Kontrolldichte im deutschen und europäischen Verwaltungsrecht: technisches Ermessen und Beurteilungsspielräume im Vergleich (Jens-Peter Schneider フライブルク大学教授)
ドイツの裁量論の現状を,ドイツの裁判所とEUの裁判所の判断方法の違いに注目しながら論じるもので,巽報告と好対照をなしていました。時間の制約から質疑ができなかったのは残念でした。

---
初日の午後は,原田大樹・京都大学教授の司会で,規制の視角から4つの報告がありました。

○Intra- und Interadministrative Rechtsstreitigkeiten(西上治・神戸大学准教授)
行政組織・行政機関間の訴訟に関する日独の議論状況や法制度・判例の相違を詳細に分析するもので,ドイツで認められている機関訴訟の背景事情をいくつかに類型化した視点が関心を惹きました。

○Zwangseinweisung ins Krankenhaus im japanischen Gesundheitsrecht: Ein Schnittpunkt vom Sozialrecht und Polizeirecht(太田匡彦・東京大学教授)
感染症予防や精神病の場合になされる強制入院に関する詳細な検討を踏まえ,行政法総論の意義を再検討しようとする壮大な内容でした。法技術的な内容も含め,ドイツ人側から多くの質問が寄せられていました。

○Privatverwaltungsrecht? Am Beispiel des Finanzmarkt- und Bankenrechts in Japan(山本隆司・東京大学教授)
「私行政法」の概念を示し,その具体的な素材として資本市場規制法・金融法における自主規制を豊富に取り上げるものでした。ドイツ人側からは私人の関与の仕方に関する日本法の特殊性に,日本人側からは「私行政法」の他の類似概念との違いに関する質問が多く寄せられました。

○Variationen zum Thema: „Ius publicum est quod ad statum rei publicae spectat (Eberhard Schmidt-Aßmann ハイデルベルク大学名誉教授)
公法と私法の相違や共通性を比較法と憲法の視点から論じ,熟慮の枠組としてこの問題を再定位する内容の報告でした。

【2日目(3月16日)】

2日目は,前半は原田大樹・京都大学教授,後半はHans Christian Röhlコンスタンツ大学教授の司会で,地方自治の構造と持続可能性を統一テーマに4つの報告がありました。

○Neuere Entwicklung des Selbstverwaltungsrechts in Japan(大橋洋一・学習院大学教授)
第二次地方分権改革とその成果としての提案制度について,多面的な側面から検討する内容で,政策調整の具体例としても非常に興味を惹くものでした。

○Selbstverwaltungsgarantie und geänderte kommunale Organisations- und Kommunikationsstrukturen(Hans Christian Röhl コンスタンツ大学教授)
行政手続の電子化によるコミュニケーション構造の変化を前にして,従来の地方自治の憲法保障はどのように変容するかを論じるもので,直接民主政の問題や自治監督の恒常化が多く扱われていました。

○Reform der Verwaltungsrechtsdogmatik angesichts der Reduzierung des demographischen Saldos(原田大樹・京都大学教授)
人口減少時代に変容する都市法と地方自治法の展開を紹介し,これらを理論的に整序する手がかりとして,地方自治構造の複線化と公的任務の調整・媒介作用の重要性を指摘するものでした。

○Die Bedeutung der Generationengerechtigkeit für das Verfassungsrecht(毛利透・京都大学教授)
Kahl教授の持続可能性論を素材に,持続可能性の憲法上の位置づけや,民主政との関係を包括的に検討するものでした。

○Kommunaler Bürgerentscheid als Instrument der Nachhaltigkeit?(Wolfgang Kahl ハイデルベルク大学教授)
直接民主政に関する包括的な研究の一環で,バーデン・ヴュルテンベルク州の住民参加(住民発議・住民投票)制度を素材に,持続可能性に対するその影響を検討する内容でした。

会場の様子国際シンポジウムは,コンスタンツ旧市役所の大ホールで開催され,日本側・ドイツ側併せて30人程度が参加しました。ドイツ側では,コンスタンツ大学のMaurer名誉教授やIbler教授が参加されました。日本側は若手の研究者(院生・助教・准教授)が比較的多く参加しました。報告はいずれも興味深いもので,日独の行政法学の学問交流の新たなステージの幕開けに立ち会えたように思われます。

ERG科研等国際ワークショップ

会場の様子

科学研究費基盤研究B「政策実現過程のグローバル化に対応した法執行過程・紛争解決過程の理論構築」(ERG科研)及び野村財団「政策実現過程のグローバル化と法執行・紛争解決の法理論」による国際ワークショップを,3月5日(火)に同志社大学で開催しました。

前半は,日・独・仏の公法・私法それぞれの立場から,4つの報告がありました。

○Globalization on Policy Materialization and the Future of the Japanese Law (Prof. Dr. Hiroki Harada, Kyoto University)
本科研のプロジェクトの研究成果を総括する報告で,グローバル化に共通して見られる日本法の解釈論上の問題点を取り出し,どのような法的議論が必要かを提示しました。

○Powers of Tax Authorities and Courts of Auditors in Cross-border Cases in a Globalizing World (Prof. Dr. Christian Waldhoff, Humboldt-University of Berlin)
国際租税法の観点から,ドイツ法・EU法・国際法の相互関係や執行協力の状況,さらに会計検査院の対外的活動についても説き及ぶ内容でした。

○The Migration of Professionals: Free Labor Mobility and its Frictions (Prof. Dr. Winfried Kluth, Martin Luther University Halle-Wittenberg)
移民法を素材に,ドイツ法の現状を紹介するとともに,国連の移民に関するグローバルコンパクトが持つ法理論的特性や可能性を提示しました。

○The Future of Investor-State Dispute Settlement and the Multi-lateral Investment Court Project (Prof. Dr. Mathias Audit, Pantheon-Sorbonne University)
投資協定仲裁に代わる新たな紛争解決手段としてEUが重視する投資裁判所構想の利点や問題点を明らかにする内容でした。

後半は,東京大学の藤谷武史先生(分担研究者)の司会で,フロアからの質疑や報告者間での質疑が活発になされました。広義の法執行(エンフォースメント)や紛争解決に関係するグローバル化の現状と課題について,さまざまな視点からの議論が提示され,その問題状況の共通性と個別性とが重層的な形で明らかになったように思われます。

第14回 ゼミ論文報告会

今回はゼミの最終回で論文提出でした。論文の要旨の発表と,またゼミでの目標である問題発見能力を養う,など各々の課題を達成出来たことや,今後の課題やゼミの感想などを述べ,原田先生から講評をいただきました。(冨上)

第13回 ゼミ論文経過報告⑤

年明け初めての授業でした。最終班が経過報告を行いました。
新海くんは,電力システム改革に伴う問題を調べ,解決策を模索しました。特に,電力会社が余剰電源を使わず電力を売り渋る現象を問題視し,その規制の必要性と法的問題について詳しく述べてくれました。
湯瀬くんは,日本のキャッシュレス決済の普及の現状と課題を,他国との比較も交えて説明してくれました。
川原くんは,日本におけるベンチャー企業を取り巻く社会的環境について調べ,起業家を支援する制度をいかに充実させていけるかを検討してくれました。
木村さんは,雇用関係によらない働き手を保護するための制度づくりについて,ギグエコノミー先進国であるアメリカの事例を取り上げつつ説明してくれました。
今回ですべての班が論文経過報告を終えました。来週は論文発表会です。(猪飼)

第12回 ゼミ論文経過報告④

金岡さんは「地方における循環型社会の実現のための対策と課題」というテーマで米子市と京都市のゴミ処理や,環境負荷について比較し,指定法人ルートの利用と問題について考えてくれました。
杉山さんは「官民連携したまちづくり」というテーマで,PFIを用いた事業の民間管理や,活性化についてイギリスの例と比較しつつより活用すべきところで,効果的に活用するにはどうしたらいいか検討してくれました。
占部さんは「巨大IT企業による課税逃れとデジタル課税について」というテーマで新たな税制度としてのデジタル課税の施策の政治的問題や法制度について考えてくれました。
飯塚さんは「人づくりから革命と高等教育の機会均等」というテーマで,大学授業料減免と給付型奨学金拡充に焦点を当て,財政や,逆進性の問題を踏まえながら議論してくれました。
和多田さんは「少子高齢化・人口減少社会における持続可能な自治体のあり方」というテーマで奈良モデルによる独自のアプローチで県や広域連合が市町村を補完する仕組みを調べてくれました。(冨上)

第11回 ゼミ論文経過報告③

徳増さんは,自身でデザインした「京大オリジナルタータン」を登録し,商品化することを目標とし,それにまつわる法的問題について発表しました。いかに京都大学とうまく交渉するかが大切になってくるだろうと思いました。
石上くんは,自動運転車による事故発生時の民事上の責任を運転者が負うか製造業者が負うかについて,自動運転車の技術の精度ごとに検討しました。最近注目を浴びている話題だけに暑い議論が展開されました。
富上さんは,震災に耐えうるまちづくりをテーマにして,阪神淡路大震災や東日本大震災からの復興の様子を例にあげつつ,住民を巻き込んだ事前復興計画の策定の重要性を説明しました。ゼミ生の中には震災を経験した人もおり,被災地の状況を想像しながら真剣な議論が行われました。
神矢くんは,現行の大都市制度と特別自治市とを比較し,大都市地域の行政制度の改革について検討しました。
外海くんは,公園に健康遊具を設置する際の障壁について,設置面積の制限や金銭面,事故発生時の危険負担を中心に発表しました。(猪飼)

第10回 ゼミ論文経過報告②

猪飼さんは「東南アジア諸国との社会保障協定締結の課題と可能性」というテーマで,現状まだ進んでいない東南アジア諸国との社会保障締結の考慮要素を検討し,締結の必要性を考えてくれました。
甲斐さんは「公害紛争処理制度の活用に向けた課題」というテーマで,紛争処理制度の利点を述べた上で今起こっている新たな形態の公害をどう対処するかについて考えてくれました。
五嶋さんは「首都圏の鉄道における混雑緩和の方法」というテーマで,混雑を極める首都圏の鉄道事情と現在行なっている対策について考えてくれました。
飯川さんは「杜王町を救え」というテーマで人口減少問題のアプローチをヒアリングなどを通して具体的に考え,特に漁業のあり方について述べてくれました。
(冨上)

第9回 ゼミ論文経過報告①

原さんは「肥薩おれんじ鉄道の赤字問題」というテーマで,自治体がどんなアプローチで肥薩おれんじ鉄道を支えていけるのかを考えてくれました。
長嶺さんは「児童虐待事案における保護者指導への司法関与」というテーマで,家族再構築のために司法が果たす役割を親権などを交えながら考えてくれました。
山口さんは「租税回避における行政の立ち入りと納税者保護」というテーマで,脱税の現状を外国の例をあげながら考えてくれました。
門脇さんは「金融イノベーションの社会実装に向けて」というテーマでキャッシュレス社会の実現のための施策について考えてくれました。論文作成に向けて具体的に問題や課題を述べてくれました。(冨上)

第8回 ゼミ論文テーマ報告⑤

今回は最後の班によるテーマ報告で,5名のゼミ生が自らの興味に沿った社会問題を取り上げ,発表してくれました。

占部くんは,日本における巨大IT企業の課税逃れを問題視し,今年EUが提案しイギリスが採択した「デジタル課税」の可能性と障壁について発表しました。
湯瀬くんは,高齢化する日本社会における社会保障のあり方について,スウェーデンを参考としながら検討しました。
飯塚くんは,「人づくり革命」基本構想の一環としての給付型奨学金制度について発表しました。
川原くんは,日本の起業文化や起業にまつわる法制度・支援策について発表しました。
木村さんは,フリーランスや副業・兼業など多様化する働き方のリスクと対応策について説明しました。

今回でゼミ生全員のテーマ発表が終わりました。次回からは各々論文作成を進めていく中で生じた疑問点などを討論していきます。(猪飼)

研究関連

授業関連

HDG

Links

Weblog

Archives

Category

Blog Post

Comments

Trackbacks