ernst

paco Home>ernst

公共部門法の組織と手続

公共部門法の組織と手続』と題する論文集を,東京大学出版会より出版させていただきました。

本書は,国家がこれまで担ってきた作用が私人に委ねられたり(複線化),国際機構や自治組織に拡散したり(多層化)する現状を『多元的システム』の概念で把握した上で,行政法学の変容可能性を主として制度設計論の観点から模索した『公共制度設計の基礎理論』,訴訟の局面に着目した『公共紛争解決の基礎理論』の続編として,行政組織法・行政手続法の分野でこのような見方を採用した場合にどのような理論的変革が要請されるかを検討したものです。また,『自主規制の公法学的研究』(有斐閣・2007年)及び『行政法学と主要参照領域』(東京大学出版会・2015年)と併せ,時代の要請に対応して変容する行政法学の理論状況をさまざまな切り口から描くことを目指しています。

本書『公共部門法の組織と手続』は,第1部「公共部門の多層性」と第2部「公共部門の複線性」の2つの軸から成り立っており,合計20章で構成されています。第1部では,グローバルレベル・国家レベル・ローカルレベルに分けて,多層性がもたらす組織法・手続法的な変容可能性を,総論的考察から各論的分析の順に展開しています。第2部では,グローバル化と同時に進行し,今後の行政法学に極めて大きな波及効果をもたらすことが予想される情報通信技術の発展を主題として取り上げ,その中でも特に法的な議論が多い個人情報保護の問題を接続させています。

本書は,日本証券奨学財団の出版助成を得て刊行されました。また,本書の企画・編集にあたっては,東京大学出版会の山田秀樹さんと晴山秀逸さんに大変お世話になりました。ありがとうございました。


続きを読む

2023年度第4回GNL科研研究会

科学研究費基盤研究A「グローバル法・国家法・ローカル法秩序の多層的構造とその調整法理の分析」(GNL)の2023年度第4回研究会(グローバル実証チーム主催)を,2024年2月10日(土)に東京大学社会科学研究所・オンラインで開催し,分担研究者等11名が参加しました。

○「Deference as appeasement or: an avoidance technique in international adjudication」(中島啓・東京大学社会科学研究所准教授)

国際裁判所が国内の機関の政策判断に対して敬譲(Deference)することの意味について,特に判断の立論上の意味を持たない言及が有する機能を分析する報告でした。その後の質疑応答では,敬譲の理論的位置付け(記述的な議論なのか規範的な議論なのか),コミティとの相違,敬譲否定論との帰結の違いなど,さまざまな観点から活発な議論が行われました。

2023年度第3回GNL科研研究会

科学研究費基盤研究A「グローバル法・国家法・ローカル法秩序の多層的構造とその調整法理の分析」(GNL)の2023年度第3回研究会(ローカル実証チーム主催)を,2024年1月27日(土)にオンラインで開催し,分担研究者等14名が参加しました。

○「環境法における正統化の問題」(谷遼大・獨協大学法学部地域総合研究所特任助手)

ドイツにおける民主政的正統化論の議論をベースに,参加による正統化と行政裁判権の正統化という2つの柱から,環境団体訴訟の許容性に関する法的議論を展開する内容でした。その後の質疑応答では,「参加」と「利益」の関係,ヨーロッパ化のドイツ国内公法学への影響,ドイツの正統化の議論の日本法への応用可能性,環境団体訴訟の制度設計論・規範的な根拠付けの可能性,デジタル化・グローバル化と「参加」の概念等,さまざまな観点から活発な議論が行われました。

第14回 ゼミ論文報告会

本日のゼミでは,ゼミ論文の提出があり,簡単な報告会がありました。

それぞれのゼミ生が,それぞれのストーリーでゼミ論文を展開していて,おもしろかったです。ゼミで論文が完成するまでの過程を見ることができたことで,報告を聞きながら咀嚼して聞くことができ,さらに論文への興味が湧きました。論文集を編纂するのが楽しみです。

最終ゼミということで,ゼミを通した感想も述べ合いました。自分も含め多くのゼミ生が,ゼミを通して学びを得ることができたようでした。このゼミでの経験を将来に生かしていきたいと思いました。

1年間,ありがとうございました。(牧田)

第13回 ゼミ論文経過報告5

第13回(1/9)のゼミでは,ゼミ論文経過報告の5回目が行われました。今回の発表者は佐久間さん,門田さん,鎌原でした。
 
佐久間さんは「ミッキーマウスの著作権は日本においていつ切れるのか」と題し,アメリカで今年元日に著作権が切れたと言われている根拠と,日本ではどうかについて発表してくれました。
門田さんは「eスポーツの健全な発展を目的とした,法的課題の検討」と題し,eスポーツ大会拡大にあたっての景表法,風営法,刑法(賭博罪)上の問題点について発表してくれました。
鎌原は福島第一原発でのALPS処理水の海洋放出における国,事業者,周辺住民という三面関係を,行政法の観点から分析し報告しました。
 
3人に対しては,共通して論文のゴールをどうするかをもう一度考えてはどうかというコメントをいただきました。テーマについて一通り調べられているが,説明や答案のような内容になっているため,論文を書く上では既存の議論と比較した特殊性,相違点を明らかにした上で,法制度上の問題点を指摘し,解決方法を提案する構成とした方がいいとの指摘でした。
 
次回(1/16)はいよいよゼミ論文発表会です。ゼミ論文の提出と要約の発表が行われます。(鎌原)

第12回 ゼミ論文経過報告4

本日のゼミでは,ゼミ論文構想経過報告の4回目を行いました。

内山さんからは,Bリーグの選手が日本代表に招聘されることについて,自己決定権が保障されていないことへの問題意識に基づいて,組織法的な分析をまじえて報告していただきました。
武藤さんからは,人工妊娠中絶制度の指定医師制度や配偶者の同意条件の概要や私見を詳しく報告していただきました。
高橋さんからは,運動部活動における体罰やハラスメントについて,その定義から関係判例まで幅広く報告していただきました。

論文執筆に向けて調査が進んでいるうえに,私見まで視野に入っている人が多かったです。提出まで期限も迫ってきているので,私もがんばっていきたいと思います。(牧田)

第11回 ゼミ論文経過報告3

第11回(12/12)のゼミでは,ゼミ論文経過報告の3回目が行われました。今回の発表者は籏谷さん,原田さん,原さんでした。

籏谷さんは「AI 生成物と著作権」と題し,画像生成AIが作成したコンテンツの権利保護について,その意義と現行法での保護可能性,今後の立法論などについて発表してくれました。
用語の定義を明確にしておくべき,立法論や私見を述べる際は必ず先行研究を踏まえて既存の考え方に上乗せする方がよい,という指摘や,AIが著作権を持つが著作権者は利用者というのはズレがあるため,著作物であるが権利の帰属は置いておくということで解決がはかれないか,などのアドバイスをいただきました。

原田さんは賭博罪の要件と保護法益についての議論を報告してくれました。
賭博罪の解釈論に加えて,最高裁が賭博罪の保護法益を「勤労の美風」としたことを,IR法によるカジノや風営法で正当化がはかられているパチンコがどう克服しているかも含めて考えてはどうかとのコメントがありました。

原さんは「リニア認可取消訴訟における原告適格の拡⼤可能性」と題し,東京地裁による中間判決での原告適格の判断について,判例学説の展開を踏まえて紹介してくれました。拡大の可能性というよりは既存の議論の中で「勝ち筋」があるかを考えた方がいい,原告適格の判断においてはまず行政法規の解釈を土台とすべき,アセスメントの範囲は条例や省令といった基準によるものか事業者が自由に決められたのか調べてはどうか,などの指摘がありました。

次回(12/19)は経過報告の4回目です。ゼミ論文の提出まであと1ヶ月となり,提出方法や書式について連絡がありました。いざ文章を書き出してみるとなかなか書けない,途中でよく分からなくなることも多いとのことなので,早めに具体的なレイアウトや本文の下書きを作り,残りの期間で不十分な点を埋めていくというやり方を参考にしたいと思います。(鎌原)

2023年度第2回GNL科研研究会

科学研究費基盤研究A「グローバル法・国家法・ローカル法秩序の多層的構造とその調整法理の分析」(GNL)の2023年度第2回研究会(研究代表者主催)を,2023年12月9日(土)・10日(日)にオンラインで開催し,分担研究者等19名が参加しました。

今回の研究会では,本科研のまとめとして出版する予定の研究書に掲載する論文の構想を報告して頂き,意見交換しました。1人30分程度であったものの,多様なテーマや新たな議論が多く提示され,非常に刺激的でした。

第10回 ゼミ論文経過報告2

本日のゼミでは,ゼミ論文構想経過報告の2回目を行いました。

横井さんからは,登山道や探勝路で土砂災害が発生した場合に,どこまで国賠法の対象となるのかについての報告をしていただきました。
今井さんからは,終末医療に関する現在の概況およびガイドライン,法制化の動きについて報告をしていただきました。
私(牧田)からは,道路交通法によって自動運転を管理する場合に,どのような法制度が考えられるかにについて報告をしました。
林さんからは,地熱発電の周囲の環境に及ぼしうる影響について,どのように法的に対応していくかについて報告をしていただきました。

全体的に,取り上げるテーマは面白くとも,その中で方向性をどのように決めて結論をどのように出すのかは,論文を書くうえで難しいと感じました。論文提出まで残り1ヶ月ほどなので,対象や手段をどのように絞っていくかを意識して,がんばっていきたいと思います。(牧田)

第9回 ゼミ論文経過報告1

第9回(11/28)のゼミでは,3周目の報告となるゼミ論文構想経過報告の1回目が行われました。今回の発表者は小林さん,石浦さんでした。

小林さんは,「AI 法規制の必要性〜AI による契約を題材として〜」と題し,既存の枠組みでは対処が困難となりうるAIが契約の当事者のように振る舞う場面を想定した分析を,スマート冷蔵庫を例に発表してくれました。
民法の一般規定から構成することは難しいため,プラットフォームによる約款などでの対応が現実的ではないかという意見や,AIによって消費者の合理的な意思決定を促したり,行政処分を自動的に行ったりすることの議論とその課題についての紹介などをいただきました。

石浦さんは「有事における⾃衛隊の⺠間資本使⽤における諸問題について」というテーマで,自衛隊が防衛出動で民間船舶を利用する際の自衛隊法の根拠条文,過去の日本やフォークランド紛争時のイギリスにおける法整備,そして現在自衛隊が民間船舶を利用する根拠となっているPFI法などについて報告してくれました。
構成として分析の目的や問題意識をしっかり書いた上で,過去の法令が現在に及ぼす影響,PFI法を用いて契約ベースにしている理由,契約のパターンとの関係で船舶を収用する場合に特別な点などを考えた上で,着地点として現行法制の評価や今後作るべき法制度の議論に持っていけないか,などのアドバイスをいただきました。

次回(12/5)は構想経過報告の2回目です。風邪が流行っているので,体調管理には十分お気をつけいただきたいと思います。(鎌原)

研究関連

授業関連

HDG

Links

Weblog

follow us in feedly follow us in feedly

Calendar

<<2024年02月>>
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
26272829   

Archives

Category

Blog Post

Comments

Trackbacks