ernst

paco Home>ernst

グローバル化と公法・私法関係の再編

グローバル化と公法・私法関係の再編』と題する研究書を弘文堂から出版させていただきました。本書は,東京大学の藤谷武史先生を代表者とする科学研究費・基盤研究B「グローバル化に対応した公法・私法協働の理論構築──消費者法・社会保障領域を中心に」(2012-15年度)の研究成果をまとめたものであり,この研究プロジェクトの分担研究者が編著者となっています。

本書に収録されているのは以下の論文です。

  • 浅野有紀=原田大樹=藤谷武史=横溝大「グローバル化と法学の課題」
  • 原田大樹「グローバル化時代の公法・私法関係論」
  • 興津征雄「グローバル行政法とアカウンタビリティ」
  • 浅野有紀「法理論におけるグローバル法多元主義の位置付け」
  • 横溝大「グローバル化時代の抵触法」
  • 小畑郁「グローバル化による近代的国際/国内法秩序枠組みの再編成」
  • 村西良太「財政・金融のグローバル化と議会留保」
  • 浅野有紀「国際知的財産法制に関する分配的正義および人権の観点からの考察」
  • 藤谷武史「グローバル化と「社会保障」」
  • 大西楠・テア「グローバル化時代の移民法制」
  • 横溝大「インターネットにおける非国家的秩序の様相」
  • 原田大樹「国際消費者法への展望」
  • 浅野有紀「私法理論から法多元主義へ」
  • 藤谷武史「グローバル化と公法・私法の再編」

このうち,「グローバル化時代の公法・私法関係論」「グローバル行政法とアカウンタビリティ」「グローバル化時代の抵触法」「グローバル化による近代的国際/国内法秩序枠組みの再編成」「財政・金融のグローバル化と議会留保」「グローバル化時代の移民法制」「私法理論から法多元主義へ」「グローバル化と公法・私法の再編」は,この研究プログラムの中間総括である社会科学研究65巻2号に掲載された論文を加筆修正したものです。これら以外は書き下ろしとなります。

本書は,弘文堂の北川陽子さんから刊行が提案され,約1年の期間で刊行まで漕ぎ着けることができました。緻密かつスピーディーに編集作業をしてくださった北川さんに心より御礼申し上げます。

name :
URL :
Comment :

トラックバック -

研究関連

授業関連

HDG

Links

Weblog

follow us in feedly follow us in feedly

Archives

Category

Blog Post

Comments

Trackbacks