ernst

paco Home>ernst

集団的消費者利益の実現と法の役割

名古屋大学の千葉恵美子先生を中心とする研究プロジェクトの成果物として,商事法務から『集団的消費者利益の実現と法の役割』と題された論文集が刊行されました。本書の前半1/3程度は,2011年の日本消費者法学会における諸報告の原稿に加筆修正を加えたものであり,これにNBLでの連載原稿や,新たな原稿を加えた総ページ数590頁,執筆者数24人の大規模な論文集となりました。

本書には以下の2本の論文を収録させていただきました。

  • 「集団的消費者利益の実現と行政法の役割──不法行為法との役割分担を中心として」千葉恵美子他編『集団的消費者利益の実現と法の役割』(商事法務・2014年)52-75頁
  • 「適合性評価の消費者保護機能」千葉恵美子他編『集団的消費者利益の実現と法の役割』(商事法務・2014年)514-531頁 

上の論文は消費者法学会報告を加筆したもの,下の論文はNBL連載論文に加筆したものです。『公共制度設計の基礎理論』にも両論文の内容は収録されていますが,いずれも別の原稿と融合させたものであるため,上記の2論文の方が初出時に近い構成となっています。

行政法関係では,ほかに,消費者法学会におけるコメントを頂戴した山本隆司先生(東京大学)がそのコメントに加筆修正を加えられた

  • 「集団的消費者利益とその実現主体・実現手法──」行政法学の観点から(商事法務・2014年)217-237頁

が掲載されています。これは,山本先生が近時公表された

  • 「行政制裁の基礎的考察」長谷部恭男他編・高橋和之先生古稀記念『現代立憲主義の諸相(上)』(有斐閣・2013年)253-292頁
  • 「行政制裁に対する権利保護の基礎的考察」磯野弥生他編・宮崎良夫先生古稀記念『現代行政訴訟の到達点と展望』(日本評論社・2014年)236-274頁

と問題領域・問題意識を共通にするご論文で,極めて幅広い問題群を取り扱った刺激的な内容になっています。

name :
URL :
Comment :

トラックバック -

研究関連

授業関連

HDG

Links

Weblog

follow us in feedly follow us in feedly

Archives

Category

Blog Post

Comments

Trackbacks