frontier

paco Home>授業関連>演習科目一覧(九州大学)>frontier

第3回 行政法Iの復習3

前回に続いて,「行政法Ⅰの復習」ということで,「行政裁量」,「行政手続」,「行政指導」についての報告と,議論が行われました。
内容的には,
-「行政裁量」・・・行政裁量と他の裁量のない行政活動がもつ司法権とのかかわり
-「行政手続」・・・行政活動の手続上の瑕疵と取消しと,審査基準と処分基準について法が課す義務の違いについて
-「行政指導」・・・行政指導の担保としての応答留保等が許される「特段の事情」について
が特に中心となりました。
今回は,なかなか難しいことをやったように思います。忘れないようにしないと! 報告者のみなさんお疲れ様でした(安井)。

第2回 行政法Iの復習2

「行政法Ⅰの復習」ということで,「行政の基準設定行為」,「公定力」,「行政行為の無効と取消」についてそれぞれ報告を行い,のちに議論を行いました。
今回から原田先生も議論に参加され,ゼミの活動が本格的に始まったという感じです。
具体的な内容としては,
-「行政の基準設定行為」・・・「委任命令」と「執行命令」の違い及び,その分類の意義
-「公定力」・・・公定力の現代的意義(特に取消訴訟の排他的管轄との関係)と,農地委員会と地方自治の関係について
-「行政行為の無効と取消」・・・無効と取消の違いと,その要件等について
といったような事柄が中心になりました。
基本的な部分を思い出すという点では非常に有意義なゼミであったと思います。3年生にとっては良い復習になったでしょうか。報告者(私も含む(笑))のみなさんお疲れ様でした(安井)。

第1回 行政法Iの復習1

記念すべきゼミの第1回目は,自己紹介,役員選出,そして「行政の信頼保護原則」についての報告・議論を行いました。
ネットの不調で,残念ながら原田先生は参加されませんでした。次回以降に期待です!
これから1年間(まずは半年),みなさん頑張っていきましょう(安井)。

研究関連

授業関連

HDG

Links

Weblog

Archives

Category

Blog Post

Comments

Trackbacks