frontier

paco Home>授業関連>演習科目一覧(九州大学)>frontier

第13回 強度偽装マンションの建て替え

《杉安報告》
〈もくじ〉
1.耐震強度偽装マンションの建替え方法
2.偽装マンションに対する補助金
3.補助金と偽装建築の責任
〈議論〉
論点は,
①補助金について(建替え費用の国・自治体の負担について)
②自治体の不正な公金支出について(住民訴訟など)
③最高裁判例(平成17年6月24日)について(自治体の責任)
などであった。
〈感想〉
 今日でこのゼミの活動も最後となりました(ゼミ合宿に参加する人はまだありますが)。今までかなり難しい内容を毎回勉強してきましたが,この授業を通して法律学の深さや複雑さだけは分かった自信があります(笑)
 さて,今日の内容に関してですが,「建物の区分所有等に関する法律」の中で,マンション住民の5分の4が建替えに賛成すれば,残りの5分の1が反対しようとも,マンションは壊される…と規定してあることに驚きました。実際建替えには1戸あたり2000万円程度かかるそうです。安全が保証できないマンションの建替えに反対するということは,そのような家庭は経済的に厳しいのだと思います。このような立場(経済的に弱い立場にある上,裕福な賛成派は「これはマンション全体の問題であってお宅の家計の問題ではない!!」となじるかもしれません)の人たちを救う方法はないのかと思いました。でもあまり助けすぎると,「賛成はしたが,実際は家計は苦しく,苦渋の選択だった」という人に対して不公平になるのかもしれません。難しい問題です。。
 長くなりましたが,このゼミで学んだことを,これから法学部で学ぶにあたって生かしていけたらと思います。いや,これだけやったのだから生かせるはずだと思っています。原田先生お世話になりました!(松尾将大)

-----

13回にわたるゼミが終了しました。意欲的な参加者に恵まれ,質疑が毎回活発に行われたことは,大変よかったと思います。今回のゼミの中では大学4年間で勉強する法律学の科目のうち,かなりの部分についてその「さわり」を取り上げることができました。こうした経験は,この先の学習の中で大きく役立つと思います。法律学の勉強は始まったばかりです。あせらず,しかし着実に進んでいってくれることを期待しています(原田大樹)。

第12回 地方交通

今期の最終回となった今回は,熊本市を例とする交通問題が取り上げられました。LRTと路面電車の違いや,バスレーンの地域による規制強度の違いが話題となりました。交通政策に対する法理論的なアプローチや,都市経営の観点からの掘り下げがさらにあるとよかったと思います。

第12回 確認検査機関の問題

《森報告》
〈もくじ〉
1.確認検査の仕組み
2.指定確認検査機関と行政の関係
3.これからの確認検査制度について
《三村報告》
1.指定確認検査機関への立ち入り検査について
2.確認を民間に任せた経緯
3.民間検査機関の現状とこれから

〈議論〉
今回の論点は,
①確認を民間に任せるにあたって,民間検査機関は,そんなには多くならないだろうという,国土交通省の考えは甘すぎるという意見
②処分は,民間検査機関にしか下っておらず,行政内部では処分がされていないことについて
③行政は民間検査機関の数について,予想と反した事態が起きたのに,対策を打とうとしなかった問題
でした。
〈感想〉
今回の報告で,民間の指定確認検査機関の問題は行政の問題認識の甘さが大きく関係していると思いました。(杉安紅美)

第11回 銀座ルール,大型店舗

今回は都市計画関連の報告であったため,やや難しい内容となりました。銀座ルールは地区計画に基づくしくみですが,都市再生特区との関係で改めて規制の内容がクローズアップされることとなりました。地区計画に関する説明がもう少しあるとなお分かりやすかったと思います。大規模小売店舗に関しては,先日まちづくり三法のうち都市計画法と中心市街地活性化法は改正案が成立しました。報告の構成により注意を払うことと,今回の改正を待たずにできた対応策の検討がもっとあるとよかったと思います。

研究関連

授業関連

HDG

Links

Weblog

Archives

Category

Blog Post

Comments

Trackbacks