frontier

paco Home>授業関連>演習科目一覧(九州大学)>frontier

第6回 法律上の争訟~行政訴訟と民事訴訟~

今回は,法律上の争訟~行政訴訟と民事訴訟~というテーマで,僕が担当班でした。個人的には,このテーマは非常にやりづらくて,報告の準備をする時点で争点が右往左往して大変でした。
いざ,報告をはじめてみると緊張で頭が真っ白になってきました。質問では,「なぜ,そもそも訴訟類型は必要なのか」など考えてもなかったことを聞かれたり,途中頭が真っ白になったりしてしまいました。司会のフォローなどで助かることもありました。
今回も(最初にゼミ合宿の話などもありましたが)19時過ぎまでかかりました。時間が経つのは早いものです。今回報告して感じた事としては,当たり前なことではあるのですが,網羅的に多くの論文を読む事も大切な事ではあるけれど,まず宇賀先生や塩野先生の基本書をしっかり読んで,しっかり理解する事が大事だと思いました。今回,個人的に基本書での理解が足りなかったようにも思えます。
次回の担当の報告ではよりよい報告になるよう頑張りたいです。
来週の報告は「取消訴訟の訴訟要件」です。(ファービー)

name :
URL :
Comment :

トラックバック -

研究関連

授業関連

HDG

Links

Weblog

follow us in feedly follow us in feedly

Archives

Category

Blog Post

Comments

Trackbacks