frontier

paco Home>授業関連>演習科目一覧(九州大学)>frontier

第22回 論文進捗状況報告4

朝は10度を下回るようになり,月日が経つのはあっという間だなと感じます。
本日も2巡目の論文報告です。

柴田さん・・・国家公務員の協約締結権
瑞慶山さん・・・行政の避難指導と損害賠償責任

今回の2人も非常に面白いテーマで,勉強になりました。
国家公務員の労働基本権の制約に関して,争議権を認めてよいのかについては柴田さんもおっしゃったように疑問に思いました。
行政の避難指示・勧告に関して,客観的な基準(科学的知見から)を設けることに関して,究極的には行政の裁量である点につき,どう責任を判断するのかなど,難しい論点は多いと思いました。
共通する指摘としては,「はじめに」の重要さ,判例の枠組みに対する私見を示すこと,章と章とのつながりについて挙げられました。
特に「はじめに」の重要性については,自分の論文でこのテーマを取り上げた理由(問題意識)をより詳しく示し,結論を簡単に言っておき,構成も詳しく示すなどの工夫で読者に興味を持たせることをアドバイスとしていただきました。

お2人の執筆力が高いことももちろんですが,この時期になると論文の内容もかなり詳しく,深くなっていると感じました。
自分は進捗がよくないので,がんばります。(原)

name :
URL :
Comment :

トラックバック -

研究関連

授業関連

HDG

Links

Weblog

follow us in feedly follow us in feedly

Archives

Category

Blog Post

Comments

Trackbacks